印刷物とハガキ

圧着ハガキの印刷を業者に依頼しよう

印刷技術はかなり進化しているので、DMも様々な選択肢から選べるようになっています。形状はもちろん、加工も様々なものがあるのでより広告郵便として効果が発揮しやすいものを選ぶことが出来ますが、さらにコストカットの手法として注目されているのが圧着ハガキと呼ばれるタイプのものです。圧着ハガキでは二つ折りや三つ折りにしてハガキを送ることが出来るので、ハガキサイズで情報量を増やすことが出来るのですが、さらに料金も通常の官製ハガキと同じなので、情報量を増やしながらも、さらに料金もカットすることが可能です。
こうした圧着ハガキの作成はデザインや加工など様々な専門的な技法が必要になるので、一般のプリンターでは難しいことがありますが、作成は業者に依頼することで正確なサイズで印刷することが可能です。また圧着ハガキのメリットは前述の通り官製ハガキの料金で送ることが出来るというものですが、こうした料金は郵便の様々な規定によって決定するので、サイズなどがズレてしまうと料金が上がってしまうということもあります。大量にDMを発送する場合には、こうした細かい規定によって料金が大幅に上がってしまうこともあるので、専門的な技術を持つ印刷業者に依頼することをおすすめします。

圧着ハガキならたくさんの情報量を一気に伝えられる

圧着ハガキとは、折りたたみ式になっていて、ハガキの印刷面に糊やニスなどがついていて、それを熱や圧力で接着させたものです。普通のハガキですと、表面に住所、裏面に広告となりますが、圧着ハガキは折りたたみ式ですので、普通のハガキの何倍もの情報を伝えることができるのです。また、中身は接着されていますから、個人情報の保護にもなります。通販などの商品の紹介などで圧着ハガキを作ろうとした場合には、その作成は業者に依頼したほうがいいでしょう。業者に頼んでしまっては個人情報などのセキュリティは大丈夫なのかと心配になる方もいらっしゃるかもしれません。圧着ハガキを依頼する業者にもよりますが、ハガキが作成される場所では防犯カメラが設置され24時間の監視体制が整っていたり、また部外者の立ち入りを禁止するなど、セキュリティを徹底しているところが多く見られます。圧着ハガキの料金面を見てみると、料金は通常のハガキと同じですが、広告郵便を利用することで、さらにお値段を安くおさえることができます。広告郵便は出すハガキの枚数などによって料金が8パーセント~44パーセントの割引になるからです。安く、たくさんの情報を伝えたいという場合には圧着ハガキがおすすめです。

広告のボリュームを効率的に増やせる圧着ハガキ

ハガキを圧着することで広告のボリュームを効率的に増やせるのが、圧着ハガキのいいところです。会社が消費者に対して広告を出すには、いろいろな方法があります。その方法の中でも比較的手軽にできて高い効果を見込めるのが圧着ハガキです。広告郵便はどちらかといえばアナログな方法に他ならないですが、だからといって効果を期待できないわけではありません。むしろ多くの人の目に触れる機会を設けられるため、とても効率的な広告です。

その圧着ハガキですが、作成を試みるなら業者に依頼するのが合理的です。作成を業者に依頼することで、広告効果の高い圧着ハガキに仕立て上げてもらえます。作成は業者に依頼したほうが、思い通りの圧着ハガキになりやすいのは言うまでもありません。ダイレクトメールは広告のボリュームをどれだけたくさん詰め込めるのかにかかっています。たった1枚のハガキでもみどころ満載のダイレクトメールなら、消費者からの反響には十分期待できます。

消費者にぜひ知っておいてもらいたいキャンペーンや値引きセールなどの情報は、漏らさず伝えておく必要があります。それができれば消費者の意欲をそそれますし、圧着ハガキの作成を業者に依頼すればとても安心です。

また、依頼する前には業者比較をしましょう。圧着ハガキを作成してくれる業者はたくさんあり、業者によって評判も異なっておりますので、評判の良い業者にお任せしましょう。ほとんどの業者では小ロットから大ロットまで請け負ってくれますので是非活用してみてください。

郵便ポスト

圧着ハガキは手応えを期待できるダイレクトメール

ダイレクトメールをはじめとしたいわゆる広告郵便で圧着ハガキを用いるのは、いろいろなメリットがあります。ダイレクトメールはただ単に出せばいいというものではありません。受け取った人が興味を持ってくれるかどうか、そこがとても重要です。その点圧着ハガキは、受け取った人が興味を持ちやすいです。なぜならたった1枚のハガキであるにもかかわらず、いろいろなことをお知らせできるからです。ペタッと貼り付けて見た目は単なる1枚のハガキに見える圧着ハガキですが、実はお知らせしたいことがとてもコンパクトによくまとまっている非常に優秀な広告郵便です。受け取った人が圧着ハガキを何気なくペラリと開いたら、さまざまなお知らせが目に飛び込んできます。そのお知らせを見れば自然と「何のお知らせだろう」と、見た…

個人情報を守りながら伝えられる安心感が圧着ハガキのメリットの一つ

個人情報をいかに確実に保護して顧客とコミュニケーションを取るかは、どのような企業にとっても重要な課題です。この点、管轄の地域住民とのコミュニケーションに関して、官公庁等の公的機関も直面している課題は同じです。色々な対策が考えられますが、費用面でお得で、かつ簡便な方法として、圧着ハガキの利用について考えてみてはいかがでしょうか。圧着ハガキの作成は業者に依頼することでコストをかなり抑えて印刷することが出来ますし、送料についても、ハガキと同じ費用で済ませることが出来ます。それだけでも十分にお得な方法と言えますが、更に、所定の条件をクリアすれば、広告郵便としてディスカウント料金で発送できるというメリットもあります。重要な情報、外部に漏洩してはならない機密性の高い情報などを、内部に畳み込…

情報を詰め込んでも見やすいのが圧着ハガキ

めくった時にハガキのスペースを目一杯使っていろいろな情報を盛り込めるところが、広告郵便に圧着ハガキが適している理由です。もしも圧着ハガキにしなかったら、それほど多くの情報を詰め込むことはできません。仮に普通のハガキに情報をたっぷりと詰め込み過ぎてしまった場合、単に見にくくなってしまうだけです。文字が小さくなってどういう情報が掲載されているのかまったくわからない、そんな不親切な広告郵便になってしまいかねないです。ですが圧着ハガキはスペース的に十分余裕がありますので、いろいろな情報をたくさん詰め込んだからといって見にくくなってしまうとは限りません。むしろスペースをワイドに使って見た人をワクワクさせるような構成にすることもできますから、とてもいい圧着ハガキに仕上げることもでき…

圧着ハガキのメリットを活用した効果的な広告活動を展開しよう

広告が顧客の購買行動を上手く惹起できるかどうかは、含まれる情報の量や内容、広告の外観といった要素に大きく左右されます。情報が乏しい場合、顧客はそれに対してあまり強い関心を持たず、広告が上手く機能しない可能性が高いです。一方、多過ぎる情報は押しつけがましさを感じさせ、逆効果になる場合も多々あります。そこで、広告郵便として圧着ハガキを使うと、サイズと情報量の両方の面から、効果を生む広告を作りやすいと考えることができます。圧着ハガキは、見た目は通常のハガキと同じサイズのため、それほど多くの情報を載せられるとは思えないかもしれません。しかし、封をした内部にも情報を印刷できるため、小型のチラシ程度の内容は、一枚の圧着ハガキに含めることが出来るのです。豊富な情報を含みつつも、ハガキサイズで顧客の手…